みんな、刮目して待っててニャン」(by?)
 『DARKER THAN BLACK』の第6話「災厄の紅き夢は東欧に消える(後編)」を視聴する。
 感情を保持したまま契約者の能力を持つ黒、感情を知ったが故に契約者としての能力に恐怖するハヴォック。
 黒の妹や契約者の一面に関する説明回後編・・・と思っていたけど、そんな事も無く、謎は謎のままでした。しかし、ハヴォックの対価「子供の血をすする」はキツイですなあ。基本的に対価は自己完結可能なものばかりだった気がするので、こちらは更に犠牲も必要としてますからねえ。まあ、花を食うのも同じようなものか・・・。
 それにしても、黒の対価って関わる(親しくなる)女性を不幸する、と思いたくなる程、毎回毎回女性は不憫ですなあ。最後に銀(ドールを女性ととるのか分からんけど)の手を振り払ったのは、それを阻止しようという黒の優しさ?
 ってか、そう思わないと許せんのですよ。
 まあ、普通に考えるとハヴォックにも同じような事をされたからなんでしょうけどね。
 次週はテコ入れ。