ゲッサン 2011年 10月号 [雑誌]

ゲッサン 2011年 10月号 [雑誌]

 『ゲッサン』は、
 『鉄楽レトラ』(佐原ミズ)は、ひょっとして双子で・・・なんて、あまい事を考えておりましたが、ガチで男の娘・・・という事もありませんでしたが、女装でした。しかし、主人公にちょっと心揺れている様なのが気になるばかりですな。そして、次号はあの娘と再会?
 『アサギロ〜浅葱狼〜』(ヒラマツ・ミノル)は、伊東の命によって試衛館へ間者として潜入する藤堂平助が、源さんに敗れて、近藤勇の底知れなさを感じて沖田の弟子となる話。
 『月の蛇〜水滸伝異聞』(中道裕大)は、突然現れた飛虎を慕う玲綺に嫉妬する翠華が可愛い。
 初登場としては、既出の高キュウだけでなく、童貫、楊センが登場して、四姦臣ではなく三姦臣が揃い踏み。


 それと風流天子も登場したりで、官軍と梁山泊軍の間で本格的な戦争(高キュウ達によって小規模化されましたが)の気運が・・・。
 で、王進が再度飛虎の前に現れて助言をするのでした。
 『信長協奏曲』(石井あゆみ)は、本拠地に戻った信長の話。謙信がそろそろ登場しそうですなあ。