『織田信奈の野望』の第七回「信奈上洛」を視聴する。
 信奈が満を持して上洛する話。
 上洛した先には関白近衛前久三好三人衆松永久秀と一癖も二癖もある人物達が待ち構えているのでした。朝倉義景も登場しておりましたが、名門を鼻にかけるのはそれっぽいものの、結構しっかりしていそうではありました。
 まあ、松永が女性となっているのは、今後の活躍から一体どうなることやら、という気がしなくもありませんでしたけどね。
 それにしても、ねねの嫁(妹?)決定、護衛犬千代、忍五右衛門、軍師半兵衛と、本人の意に反してロリばかり集まる主人公陣営ですが、今回は更に姫巫女(天皇?)、中二病伊達政宗と新たなロリが良晴と出会うのでした。
 一応、政宗と一緒にいたルイス・フロイスはストライクみたいでしたがね。
 うーむ、史実と微妙にずれていたりと、なかなか展開の読みづらい作品ではありますな。今川を将軍にしようとかね。
 それと、信勝はいたものの、佐久間、林がいない時点で信奈に都合の悪くなりそうな事象は排除されそうだから、延暦寺とか寺社勢力系もないんでしょうかねえ。