『とある科学の超電磁砲』の#12「AIMバースト」を視聴する。
 レベルアッパー編完結。
 個々の生徒達がレベルアッパーを使うまでの苦悩(特に先輩、後輩の件は、後日談と合わせて好きだったのですが・・・)や、初春の感動シーンを台無しにする鼻水攻撃とか、削除されてしまったけれど、見応えのあるテンポのいい戦闘を始めとした熱い展開が良かった。
 まあ、最後に見せる美琴の力が圧倒的過ぎる気がしなくもなかったけれど、よーく考えたら、学園都市内で3位の実力者なんでしたっけね、一応。
 エンディング曲の流し方など、まるで最終回の様な演出だったけど、次回からは妹達編ではなく(雑誌に追いついてしまうから?)、オリジナル話になるみたいです。ここで止めておけば・・・と、なってしまわないか、不安半分、期待半分。
 まあ、最近のアニメは、原作ものばかりで、この先どうなるか、と言ったドキドキ感を(ネタバレされたりして)感じられる作品が少なくなってますからねえ。番外編が延々続くのは勘弁して欲しいですが、いや、それも良いか?
 って事で、早速水着回
 『とある魔術の禁書目録』のBD&DVDに付いていた書き下ろし小説の内容じゃなかろうか? と期待しつつ、さすがにそれはないか? と。

 そう言えば、アニメ開始前の漫画で、初春の能力も明かされるとあったけど、まだでしたな。