さすがオカリン、僕達に出来ないことを平然とやってのける、そこにしびれる」(橋田至)
憧れないけどね」(牧瀬紅莉栖)
 『STEINS;GATE』の第5話「電荷衝突のランデヴー」を視聴する。
 牧瀬紅莉栖に対して某かの恨み、もしくは殺意を所持していると思わせる鈴羽。
 彼女の紅莉栖に対して殺人でも行いそうなポーズを取っての怪しげな行動&言動、ヘリコプターの音を”爆撃”と勘違いする件は、戦場帰りか? と、想像してしまう所ではあったのですが・・・既に雑誌で軽いネタバレを見てしまったのが残念。
 まあ、紅莉栖への殺意らしきものの生じた理由は判明してませんけどね。タイムマシン云々の話が具体的となってきたので、1話の紅莉栖殺害も何か関係あるんでしょうかねえ、謎だ。
 それにしても、オカリンと紅莉栖は、同じ白衣フェチであったり、実はネットネタに通じていたりと、妙にウマがあってますなあ。
 ほんでもって、紅莉栖は、妙にデレてみたり、泣いたり、まゆしーの存在感を霞ませておりました。
 時空転移実験、ゼリーマンズレポート(人体実験によって、ゼリー化する人間)と、徐々にシリアスな展開へと突き進み始めて、続きがとても気になるぐらい面白くなってきました。
 ってか、ゲームを買ってしまうか本気で悩む。